フリーダイヤル
ストーカー対策調査

ストーカー調査

ストーカー対策調査イメージ写真加害者は、自分が「ストーカー行為をしている」という自覚が全くありません。
いくら周りが注意したとしても、本人が認めない以上はストーカー行為を止めさせることは難しいでしょう。
また、自分勝手な思い込みや感情がだんだんエスカレートしていく傾向があり、思いもよらない行動や嫌がらせをする場合があります。

ストーカー行為は嫌がらせ行為と重なり、被害者を不安にさせるばかりか、事件に巻き込む可能性もあります。
また、警察に相談してもはっきりとした証拠が無い限り積極的に動いてはくれません。
生活を脅かされ不安な毎日を過ごすのは、身も心も不安定になります。
身の安全はもちろん、早く元の生活に戻れるよう一刻も早くご相談下さい。

ストーカーに当たるおもな例

  • つきまとい、待ち伏せ
  • 誰も知らないはずの行動を知っている
  • 面会・交際の要求
  • 無言電話
  • 汚物を玄関の前に置かれている
  • 誹謗中傷
  • 性的羞恥心の侵害

調査してみると、実は元交際相手だったり、同じ勤務先の同僚だったりと、案外身近な人が加害者だったケースもあります。
相談者の平穏な日々を取り戻す事を最優先に、法的手段を取って対処する事はもちろん、ストーカー行為を自覚させ、止めさせるようにしなければいけません。
調査はもちろん、必要であればアフタフォローも致しますのでご安心ください。

お電話でのご相談

メールでのご相談

直接お会いしてのご相談をご希望の方